開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

MacのRuby環境をupdate

しばらく放置してたので、真面目に環境を更新した時のメモ。

Homebrewをアップデート

とりあえず、Homebrewの状況を確認。

$ brew doctor

警告がいろいろ。エラーが1つ。

Error: Mac OS X '10.9' is invalid

使ってるのはMavericksだけど、じゃぁどうすればいいのか・・・ とりあえず無視してアップデート。

$ brew update

アップデートでもエラーが発生。

Error: undefined method `to_sym' for nil:NilClass

この状態でもう一回doctor。

$ brew doctor

警告はいろいろ出るけど、エラーは消えた? 謎を残したまま、再度アップデート。

$ brew update
Already up-to-date.

どうやら、アップデートに成功したらしい。謎だ。

念の為にバージョンを確認。

$ brew -v
Homebrew 0.9.5

新しくなってるのは間違いない、かな。

rbenv環境をアップデート

Rubyの管理にrbenvを使ってるので、まず、rbenvをアップデート。

$ brew upgrade rbenv
Error: rbenv-0.4.0 already installed

更新がない場合はエラー扱いになるのか。これってどうなんだろ?

$ brew upgrade ruby-build
(中略)
 /usr/local/Cellar/ruby-build/20140524: 119 files, 512K, built in 4 seconds

とりあえず、更新成功。途中、OS XのOpenSSLが古いとか言われるけど・・・ どうしろと?

Rubyを更新

使えるRubyを確認。

$ rbenv install -l

2.0系の最新がほしいので、2.0.0-p481をインストールすることに。

$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=`brew --prefix readline`"
$ rbenv install 2.0.0-p481

無事にインストール成功。rehashして、使うバージョンを切り替え。

$ rbenv rehash
$ rbenv global 2.0.0-p481
$ ruby -v
ruby 2.0.0p481 (2014-05-08 revision 45883) [x86_64-darwin13.2.0]

ついでに、古いバージョンを削除。

$ rbenv uninstall 2.0.0-p195

(2014/06/17)

広告を非表示にする