開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

はじめてのiPhoneプログラミング(I/O BOOKS)

はじめてのiPhoneプログラミング(I/O BOOKS)

はじめてのiPhoneプログラミング(IO Books)_a

種類 情報
I/O 編集部
発行日 2010年7月5日 初版第1刷発行
発行 工学社

感想

iPhoneのプログラミングについて書いた本。たぶん。

iOS 4の発表後に書かれた本だけど、ターゲットにしてるのはiPhone OS 3.1.3。iOS 4関係の話は付録で新機能を軽く紹介してるだけ。なんだかなぁ。


XcodeiPhone SDKの基本的な話は無し。Objective-Cの説明も無し。つまり、初心者向けの本では無い、と。

本全体では、オリジナルのUIを使ったアナログ・シンセサイザーアプリを1本作るだけ。iPhoneでアプリを開発するときのテクニックを集めてる本では無い。

途中でアナログ・シンセサイザーの関連クラスのソースコードが延々と載ってるけど、詳しい説明は無し。ただのページ稼ぎ?


誰がターゲットでどんな内容を伝えたいのか、さっぱりわからない本。この本を買って喜ぶ人間が、日本に何人居るのやら。そもそも、『I/O 編集部 編』ってどういうことなのかと。

まったく同じ名前ですでに本が出てる(『はじめてのiPhoneプログラミング(デイブ・マーク/ジェフ・ラマーチ 著)』)のに、気にせずに名前をつけるセンスも理解できない。こんな事やってて、恥ずかしくないのかな?

I/O BOOKSの技術書に当たり無し』って断言した人が居たけど、この本もその法則にぴったり当てはまったな。

おすすめ指数:論外

(2014/02/01 読了)

はじめてのiPhoneプログラミング (I・O BOOKS)

はじめてのiPhoneプログラミング (I・O BOOKS)

広告を非表示にする