読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

たのしいRuby 第3版

たのしいRuby 第3版

たのしいRuby 第3版_a

種類 情報
著者 高橋征義、 後藤裕蔵
監修 まつもとゆきひろ
発行日 2002年4月10日 初版第1刷発行
2006年2月2日 初版第6刷発行
2006年8月10日 第2版第1刷発行
2009年8月30日 第2版第10刷発行
2010年4月12日 第3版第1刷発行
2010年10月10日 第3版第2刷発行
発行 ソフトバンククリエイティブ

感想

以下、第3版の感想です

対象となるRubyは1.8.7で、1.9.1での変更点も説明してある。それぞれ、該当する箇所でバラバラに変更点を説明してあるだけ。「1.8系列から1.9系列で変更になった点のまとめ」なんてものは無い。ちょっと残念。

この本で説明してある1.9系列での変更点は、ざっとこんな感じ。

  • スクリプトエンコーディング
    1行目にマジックコメントで指定する。
  • Stringクラスの多言語化対応
    文字列ごとにエンコーディングを持つことに。
    NKFやIconvよりencodeメソッドがおすすめ。
  • 正規表現とエンコーディング
    Regexpのnewかcompileでエンコーディングを指定可能。
  • IOクラスのエンコーディングの話
    内部エンコーディングと外部エンコーディングの役割。
  • $KCODEが廃止に
  • ブロック変数はブロックローカルに

エンコーディング関係の話は、色んな所に散らばってて逆に読みにくい。最初の方で、基本的な話をまとめておいたほうが良かったんじゃないかなぁ。微妙に説明が矛盾してるところもあったりするけど、これは、使う人間が自分で確認しろってことなんだろうな。たぶん。

乱数の話や特異メソッドの話やRakeやRubyGemsの話が追加になってるけど、全体で見るとそんなに大きくは変わってない。同じ本の版が変わっただけなんだから当たり前かもしれないけど。出来れば、Rubyの歴史というか年表というか、そういう感じのまとめが欲しかったな。もう、Rubyもいい歳なんだし。

Rubyの1.8系列と1.9系列の違いについて、そこそこ知りたい人におすすめ・・・ かなぁ。素直に、第4版を買ったほうが良いかも。いろんな意味で微妙。

おすすめ指数:☆☆

(2013/06/04 読了)

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版

広告を非表示にする