読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

XAMLプログラミング

XAMLプログラミング

WPFアプリケーションの概要と開発

XAMLプログラミング_a

種類 情報
著者 川西裕幸/高橋忍
発行日 2007年4月10日 初版第1刷発行
発行 ソフトバンククリエイティブ

感想

WPFXAMLについて、ひと通り解説した本。

WPFXAMLが発表になった直後に日本で出た本としては、非常によく出来てる。WPFの特徴やアーキテクチャーからXAMLの各要素の詳しい説明まで。XAMLの話が中心でWPFの話はそこそこ。これ一冊で、XAMLについて必要な情報はすべて網羅してある。たぶん。


ただ・・・ すでにWPFXAMLもピークを過ぎちゃってるのが問題か。WPF.NET Frameworkベースでデスクトップアプリを作るなら当たり前の技術だし、XAMLは一部のデザイナーのためのデータフォーマットに成り下がっちゃってる。XAMLIEと絡めたりしていろいろ盛り上げようとしたけど、失敗だったな。

そもそも、過去のWindowsにGDIベースでDPI依存が激しいって問題があって、そこを解消するために、ベクトルベースでGPUを活用するGUIを設計しようって発想は間違ってない。間違ってないけど・・・ そこで色々暴走して、規模が大きくなりすぎたのが問題なんだな。ある意味、とてもマイクロソフトらしいやり方なんだけど。

Mac OS XはPostScriptベースでシンプルに(?)GUIを構成したけど、マイクロソフトはHTML+JavaScriptのシステムをパクって再構成して・・・ 規模と労力の割には、それほど意味がなかったと。Windowsのデスクトップアプリで凝ったGUIを作るぐらいなら、Webアプリにしちゃう時代が来るなんて、マイクロソフトが想定してなかったのが敗因か。


XAMLについて、詳しく知りたいって人にはおすすめ。そんな時間があったら、他のことに使ったほうが良いような気もするけど。

・・・で、年滅年始って何?

おすすめ指数:☆☆+

(2014/01/29 読了)

XAMLプログラミング WPFアプリケーションの概要と開発

XAMLプログラミング WPFアプリケーションの概要と開発

広告を非表示にする