開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

これからはじめるVisual C++ 2008

これからはじめるVisual C++ 2008

これからはじめるVC2008_a

種類 情報
著者 赤坂玲音
発行日 2008年4月25日 第1版第1刷発行
発行 秀和システム

感想

Visual C++ 2008で、.NET Frameworkを利用したアプリを作る流れを紹介した本。・・・もうちょっと、分かりやすいタイトルにすればいいのに。

具体的には、以下の3種類のC++(?)の違いについて、詳しく説明してある。

「いまさら、Managed C++の知識が必要か?」って言われるとかなり疑問だけど、C++/CLIの説明をする上で、避けて通るのもおかしな話か。「そもそも、C++/CLIが必要なのか?」って突っ込まれるとどうしようもないんだし。


C++/CLIを詳しく解説した資料ってそんなに無いし、そういう意味では貴重な本かも。ただ・・・ わざわざ、C++/CLIを覚えてアプリを作るぐらいなら、素直に、C#を1から勉強したほうがマシ。

C++/CLIは、中途半端な拡張が多すぎて使いにくすぎる。元々C++を使ってた人なら、C++/CLIを使っててイライラするだろうし、そうでない人なら、.NET FrameworkのためにC++/CLIを覚えるのは時間の無駄。素直に、C#を覚えた方がいい。

マイクロソフトはネイティブコードとマネージドコードの混在をさせるために、C++/CLIを用意したんだろうけど・・・ それなら、ネイティブでDLL作って、マネージドコードからそれを使えばいいじゃない。


C++/CLIの資料としてみた場合、内容は悪くない。ただ、C++/CLIの存在意義そのものが疑問。それでも、どうしてもC++/CLIが必要って人にはおすすめ。

おすすめ指数:☆☆☆

(2013/09/03 読了)

これからはじめるVisual C++2008―Visual C++2008 Express Edition対応

これからはじめるVisual C++2008―Visual C++2008 Express Edition対応

これからはじめるVisual C++ 2010 forマネージコードC++/CLI

これからはじめるVisual C++ 2010 forマネージコードC++/CLI