読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

Effective C++ 第3版

Effective C++ 第3版

プログラムとデザインを改良するための55項目

Effective C++ 第3版_a

種類 情報
著者 スコット・メイヤーズ
林健一郎
発行日 2006年5月22日 第3版第1刷発行
2006年10月20日 第3版第2刷発行
発行 ピアソン・エデュケーション

感想

C++の効率的な使い方を、55個のアドバイスという形で紹介した本。ある程度、C++を使いこなしてる人が対象かな。

C++ Coding Standards』と傾向としては似てる本だけど、こっちのほうが、細かくて分かりにくい項目が多い? 説明は丁寧で分かりやすいから、ちゃんと読めば、ちゃんと理解できるはずだけど。


後半の章は、ありそうであまりない説明が並んでて面白い。

「第7章 テンプレートとジェネリック」は、テンプレートクラスを使うだけで、自分で作ったことのない人におすすめ。たぶん。

「第8章 newとdeleteのカスタマイズ」は、いざというときに役に立つ。

「第9章 いろいろな事」には、TR1やBoostを簡単に説明した項目まで。

個人的に好きなのは以下の項目。

  • 17項 newで生成したオブジェクトをスマートポインタに渡すのは、独立したステートメントで行うようにしよう
  • 21項 オブジェクトを戻すべき時に参照を戻そうとしないこと
  • 24項 すべての引数に型変換が必要なら、メンバでない関数を宣言しよう
  • 36項 非仮想関数を派生クラスで再定義しないこと
  • 37項 継承された関数のデフォルト引数値を再定義しない

C++プログラマーなら、最低でも一度は目を通しておくべき。時々、忘れた頃に読み返すと、新しい発見が見つかる本。

おすすめ指数:☆☆☆☆+

(2013/09/02 読了)

Effective C++ 原著第3版 (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)

Effective C++ 原著第3版 (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)

広告を非表示にする