読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

C++ Coding Standards

C++ Coding Standards

101のルール、ガイドライン、ベストプラクティス

C++ Coding Standards_a

種類 情報
著者 ハーブ・サッター/アンドレイ・アレキサンドレスク
浜田真理
監修 浜田光之
発行日 2005年10月25日 初版第1刷発行
発行 ピアソン・エデュケーション

感想

初級者から上級者まで、すべてのC++プログラマーにおすすめできるガイドラインの集大成。

特に、前書きに書いてある「本書の利用法」が素晴らしい。

  『自分で考えよう』

これが一番大事。他人の意見に盲目的に従うほど馬鹿げたことはない。「自分の意見が絶対に正しいから、読者も言うことを聞くべき」って感じの本も世の中には多くあるけど、そういう本は害悪になることのほうが多い。


書かれてるガイドラインとしては、普通のプログラマーなら無意識のうちにやってるような当たり前のことから、知らないとハマってしまう罠に関する知識まで。どれも、知ってて損はない・・・ かな。STL関係は微妙か?

個人的には、以下の項目がお気に入り。

  • 0.些細な事にこだわるな
  • 6.正確、簡潔、明快が最優先
  • 73.例外は、値で投げてリファレンスで捕捉しよう

C++を使ってる人なら手元においておいて、年に1回ぐらいは目を通すのがいい。それぐらい、自信を持って薦められる本。すべての項目について「こんなの当たり前では?」って言えるようになったら、C++使いとして一人前かな。

ピアソン桐原のピアソングループ離脱で新書での取り扱いがなくなった本の中で、これが一番痛い本では? まだ持ってないC++プログラマーは、手に入るうちに買っておくべき。原書を買ってもいいけど、この本は翻訳も悪く無いし、日本語版がおすすめ。

おすすめ指数:☆☆☆☆☆☆

(2013/08/30 読了)

C++ Coding Standards―101のルール、ガイドライン、ベストプラクティス (C++ in‐depth series)

C++ Coding Standards―101のルール、ガイドライン、ベストプラクティス (C++ in‐depth series)

  • 作者: ハーブサッター,アンドレイアレキサンドレスク,浜田光之,Herb Sutter,Andrei Alexandrescu,浜田真理
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 20人 クリック: 383回
  • この商品を含むブログ (97件) を見る

広告を非表示にする