読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版_a

種類 情報
著者 高橋征義、 後藤裕蔵
監修 まつもとゆきひろ
発行日 2002年4月10日 初版第1刷発行
2006年2月2日 初版第6刷発行
2006年8月10日 第2版第1刷発行
2009年8月30日 第2版第10刷発行
2010年4月12日 第3版第1刷発行
2013年2月26日 第3版第7刷発行
2013年6月15日 第4版第1刷発行
発行 ソフトバンククリエイティブ

感想

対象となるRubyは2.0.0。ただ、1.9系列でも動作するように解説してある。2.0系列と1.9系列の違いについては、それぞれの箇所で軽く触れてある程度。ちゃんとしたまとめはないけど、そもそも、違いが少ないから大きな問題にはなってない。

ちなみに、この本で触れられてる(もしくは、触れられ無くなってる)2.0系列での変更点はこんな感じ。

「たのしいRuby」としてみた場合、第3版からの変更点はこんな感じ。

  • 「第9章 演算子」が追加に
    いろいろ散らばってた情報が、ちゃんとまとめられて解りやすくなった。
  • 「第19章 Encoding」が追加に
    エンコーディング関係の話がまとめられてスッキリ。
  • 「第21章 Procクラス」が追加に
    Proc関係の細かい話まで。
  • catch / throwの話が無くなってる?
    本のどこにもない。索引を見るとcatchは198ページになってるけど、実際には載ってない。
  • UTF8-MACの話が追加
  • ツールを作る話が大きく変更された

第3版と比較した場合、1.8系列との違いの話がバッサリ削除されてかなり読みやすくなった。いろいろなところに散らばってた話が、それぞれ、ちゃんとした章になったのも読みやすさに貢献してる。今から読むなら、絶対にこっちの方がいい。

Rubyを使う人ならだれにでもおすすめ。

おすすめ指数:☆☆☆☆+

(2013/06/05 読了)

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版

広告を非表示にする