開発メモ

開発関係のメモをいろいろと。たぶん。

たのしいRuby 第2版

たのしいRuby 第2版

Rubyではじめる気軽なプログラミング

たのしいRuby 第2版_a

種類 情報
著者 高橋征義、 後藤裕蔵
監修 まつもとゆきひろ
発行日 2002年4月10日 初版第1刷発行
2006年2月2日 初版第6刷発行
2006年8月10日 第2版第1刷発行
発行 ソフトバンククリエイティブ

感想

以下、第2版の感想です

Rubyというプログラミング言語の、よく出来た入門書。

Rubyの基本的な説明から入って、オブジェクト指向の基本的な概念、よく使われるクラスの説明に知っておくと便利な機能まで。とりあえず、Rubyでちょっとしたツールを作れるようになるまでは、この本だけで十分かも?

全体の構成も良いし、それぞれ、説明も悪くない。「詳しくは後述」ってパターンが多い気がしないでもないけど、入門書としてはしかたがないかな。他の言語でバリバリやってる人が、Rubyについて感触をつかむのにもぴったり。Rubyにどっぷりハマってる人が、他の人にRubyをすすめるときの道具としても良く出来てるといえる。

第2版はRubyで言うと1.8.4がベース。出版されたのが2006年でかなり古くなってそうな気がするけど、実は、そんなに古くなってない。というか、ほとんどの部分が今でも通用する。そういう意味では、とりあえず読んでみるのも悪くないかも? もちろん、第4版が手に入るのなら、そっちのほうがいいんだけど。


サポートページがすでに繋がらなくなってるのは残念。今でもサポートページはあるんだけど、URLが変わってる。

・本に載ってるサポートページ

既に存在しないURL
http://www.notwork.org/sbcr-ruby/

・現在のサポートページ

「たのしいRuby 第2版」サポートページ
http://www.notwork.org/tanoshiiruby2/

せめて、古いURLからリダイレクトぐらい掛けておけばいいのに。残念。


これからも、Ruby 1.8系列を使い続ける人におすすめ。・・・そういう人なら、とっくに持ってるかな? もっと新しいRubyを使いたい人には、第4版がおすすめ。

おすすめ指数:☆☆☆☆

(2013/06/04 読了)

たのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミング

たのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミング

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版

広告を非表示にする